遺伝看護学研究室

遺伝医療は親から子に伝わるという継承(heredity)だけでなく、多様性(variation)という視点が重要になります。

「対象」「場」「時間」の多様性に富む中で、問題・課題に多角的に取り組む領域です。「遺伝」という視点をもって医療・社会を見つめなおすと、看護実践・研究はより深いものになります。高度な専門的知識・技能・研究能力を習得し、確かなエビデンスと豊かな感性をもって遺伝医療・遺伝看護を探究します。

遺伝看護の実践力はすべての看護職に求められることです。
遺伝医療の対象者は「限られたひと」「特別なひと」ではありません。
そして「医療者が考える遺伝」と 「対象となるひとが考える遺伝」は 必ずしも同じではありません。

対象となるひと・そのひとが考える遺伝を「識別する力」
対象者を適切なひと・場所に「つなげる力」
遺伝的課題と共に生きるひとや家族を「フォローする・支援する力」

看護が大切にしていることを遺伝医療においても同様に展開しつつ、新たに考慮すべきことを学ぶ・考える・実践する場の構築を目指します。

遺伝看護学研究室は、聖路加国際病院遺伝診療部をはじめ、様々な領域で活躍されている特別講師の方々とともに活動しています。